勉強って・・・

勉強って・・・

学校でやる勉強って、割と無理やりやらされて、
日常に活用したり、人間関係に応用したりとかできないイメージが拭えない。

勉強したかどうかで、将来に響くとかまだまだ言われる時代(昔よりは減ったかな)。

勉強していい学校(たとえば東大とか)行ったとしても、生きることが苦しかったら、意味ない。幸せになるために生きてるんだったら尚更意味がない。

高学歴で一見成功(金持ち)してても自殺したり、ドラックに走ったりするじゃない。

 

すごいがんばってがんばって勉強してさらに頑張って地位のある仕事についても、不幸に感じてたらなんのためにやってるかわかんないよねぇ。

 

だからと言って、別に勉強するなって言ってるんじゃなくって、

 

もう、今まで通りがんばったって駄目だってことに気付かないだめなんじゃないかなぁ。(学ぶ側もそうだけど、それを教える大人たちは特に)

自分じゃできないとか、チャンスがないとか
親がイマイチだからとか、学校がイマイチだからとか
それはちょっと違よ。

その探求したって、全く意味がない。

正しく絶望すること。
正しく絶望したあとは自動的に正しい希望がわかる
勉強も楽しくなるし、仕事も楽しんでやれるのに。

なにか自分の考えやパターンに限界があるって

気付いた人は変化する。

いつ何時も、時代に沿った、自分に沿った新しいものを使いながら変化成長していかないと。

そのために「自分」を知ること
その一つの手段としての「セラピー」は深く入り込むし、その分効果もある。
だけどお金もかかるから、その方のタイミングで受けていただけるのが一番効果的なんですよね。

コメントを残す